競合調査について詳しくご紹介!

このサイトでは、ライバル会社を攻略する際に必要となる競合調査について紹介しています。
変化の速度が速い現代では自社の状況を把握するだけではなく、競合会社においても調査をして情報を把握し、戦略を組み立てていくことが必須です。
実際に調査を行う際には時間やコストがかかるため、何も知らずにむやみやたらに取り組むことは会社の大きな損失を招く原因となります。
失敗を防いで会社の成長に繋げるためにも、競合を調査する際に必要となる正しい知識をお伝えします。
また、調査においてあらかじめ考えておきたい目的と最初に把握しておくべき実際の流れや対象となる他社の決め方、仮設立てについても説明しています。

ライバル会社を攻略!わかりやすい競合調査の知識

ライバル会社を攻略!わかりやすい競合調査の知識 市場において結果を出したり、ライバル会社よりも優位に事業を行うためにも競合調査は必要です。
ライバル会社の商品に関わる情報や販売ルート、売上高や立地など様々な項目を調査し、自社と比較することでどのような戦略をとるかに活かすことができます。
競合調査という言葉を知っている企業はたくさんありますが、正しい知識のもとに調査を行い活用できている企業は多くはないでしょう。
裏を返せば、正しい知識を持って競合調査を行い事業戦略に活用すれば競合企業を大きく引き離すことも可能となります。
競合調査を学んで実践する過程の中で企業には多くの知識や思考が蓄積されていき、それらを活かすことで企業の飛躍にも繋がりますので是非取り組んでみてはいかがでしょうか。

ライバルと差別化を図るための競合調査をしよう

ライバルと差別化を図るための競合調査をしよう 新商品や新サービスを企画する時には、ライバル会社と差別化するようなコンセプトが必要になります。
コンセプトを明確にすることができれば、新商品や新サービスは魅力的なものへとブラッシュアップしていけるでしょう。
そのためにも、ライバル会社のことをしっかりと下調べしておかなくてはなりません。
自身で調べるのは、限度があります。
知りたいと思うことほど、なかなか調べきれないこともあるかも知れません。
大事な情報は公開していないことも多いので、調べ上げるためにはプロの調査会社に競合調査を業務委託するのがおすすめです。
費用はかかりますが、その分多面的なインタビューなどを行い自分では調べきれないことまでしっかりと整理してもらえます。
競合調査を行う場合には、目的を明確にする必要があります。
それを調べて何をしたいのか、ある程度ゴールのイメージがないと終わりが見えなくなってしまいます。
調査はやればやるだけキリがないため、ゴールをしっかりと定めて共有しておくべきです。
業務委託して競合調査を完了したら、自社の強みや弱みを整理してライバル会社に勝てる分野を探してみます。
他者が未開であり、かつ自社の強みを活かすことが出来る分野を探します。

競合調査の内容と進め方、分析するときの注意点

競合調査とは、競合企業のサービスや商品を比較・分析するための調査です。比較事項は多岐にわたっており、売上・労働生産性・来客数・流通プロセス・店舗の立地・ホームページの内容などが一般的です。似たような用語で市場調査がありますが、こちらは市場のニーズや顧客の動向を探ることが目的です。そして、単純にデータを集めるだけでは意味がないので、競合調査は計画的に進められていきます。まず、比較対象となる競合会社と比較事項の洗い出しです。ここをはっきりさせないと、正しい分析ができません。次にデータ収集ですが、これには使いやすさなどの定性的な項目と、価格や数量といった数字で表すことができる定量的な項目があります。さらに、市場の3つの要素であるCustomer(顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の関係性に注目する3C分析や、Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(販売促進)からなる4P分析などを用いて客観的かつ論理的に分析していきます。最後に報告書を作成します。他部署が利用することもあるので、分かりやすく作成することが大切です。

競合調査を進める際には業界の特性を加味することが大切

競合調査を行う際には、自社プロダクトのプロモーションを進める業界の特性を加味することが大切です。新製品の発表であっても、既存製品の売上改善でも、競合企業の動向が把握できなくては、事業を成功に結びつけられないものです。競合調査を実施するにあたっては、事前に調査項目を洗い出すことを心がけましょう。製品に対してユーザーが求める機能や価格帯、需要の傾向など、製品を市場に導入するにあたって必要となる調査項目を事前に決めておくことが必要となるのです。競合調査を行う際には、業界が持つ特性を意識することも大切です。製品を投入する際に、独特の商慣習が介在していることもあるからです。多額の予算を掛けて製品の投入を行う以上は、成功に導くことを目指さなくてはいけません。社内に市場調査に長けた人材が在籍していない場合には、競合調査を専門に行う専門機関に調査を依頼してみるのも良いでしょう。殆どの調査会社では、無料で受けられる事前相談を実施しています。自社が求める調査内容が、どの程度の期間や費用、進め方で行えるかを事前に把握することが出来るのです。

競合調査に関する情報サイト

競合調査