競合調査について詳しくご紹介!

あらかじめ考えておきたい競合調査の目的

あらかじめ考えておきたい競合調査の目的 競合調査とは商品やサービスの内容などを、自社と他社とで比較分析し、改善点や課題を見つけることです。
調査を行うには、比較検討する内容や有益な情報の取得の仕方などを、前もって統計してから調査を開始しましょう。
まずは、調査を行う目的を明確にし、調査結果をどのように活かすかまでを考えておくことが大切です。
商品の改良や新商品の導入、会社の組織改善やビジネスモデルの再考など、具体的な目的を明らかにしておくと進めやすくなります。
競合調査の対象は、業界シェアの高い企業を設定するのではなく、最近業績を伸ばしている企業や自社のターゲットや戦略などの考え方が似ている企業を選択し、対象を明確にすることも必要です。
対象となる企業や商品の、リストアップが最適かを確認しながら進めていくことも忘れずに行います。
これらの作業を繰り返して行うことが重要で、それぞれの項目を設定して検証結果を確認したうえで、具体的な行動を考えていくとより良い調査結果を得ることができます。

競合調査を行う具体的な目的の事例について

競合調査を行う具体的な目的の事例について 企業が売上を伸ばし利益を得るためには、市場において他者との間で差別化を図り自社の商品やサービスについて消費者にアピールしなければなりません。
より魅力的な商品やサービスを提供すれば、多くの消費者から支持を得て市場におけるシェアを拡大し売上を伸ばすことができます。
市場において自社と競合するライバル企業と商品やサービスなどを比較し、様々な分析を行うのが競合調査です。
競合調査で比較される事項には売上や利益の他にも流通過程や店舗の立地条件、来客数やホームページのデザインなど様々なものがあります。
調査を企画する段階では目的を明らかにして、対象となるライバル企業を少なくとも3社は選定しなければなりません。
他社よりも優位に事業を進めるための戦略を仮定するためには、調査結果をどのように利用するのかという目的を明確にする必要があります。
具体的な事例としてはビジネスモデルや社内体制の改善、流通過程の見直しや商品・サービスの改良などを挙げることができます。