設定する競合他社の決め方

設定する競合他社の決め方

仮説を立てることが重要 "競合調査とは、自社とライバル関係にあると考えられる企業の経営戦略や商品・サービスの特徴、売上動向などを調査すし、その結果を参考にして自社の経営課題を見つけるために行う調査のことをいいます。
商品やサービスそのものの内容だけでなく、たとえば実店舗を持っていればその面積やスタッフの人数、ウェブサービスが中心ならサイトのデザイン、その他広告手法など、調査項目は多岐にわたります。
競合調査を行うには、まず対象となる競合他社を決めなくてはなりませんが、基本的な決め方は2つあります。
まずは、文字通り商品やサービスが競合する企業です。
仮に自社が婦人靴の製造業であれば同じ婦人靴メーカー、対象となる顧客の年齢層が同じ、価格帯が同じ、価格帯は異なるがデザインのテイストが似通っている、など調査目的や必要なサンプル数に応じて絞り込みを行います。
もう1つは、ユーザーが競合する企業です。
たとえば婦人靴の販売と宝飾品の販売では通常は競合とは考えられませんが、同じ商圏に出店して消費行動の似通った顧客を抱えているとすれば、「同じサイフを狙っている」という意味でやはり競合対象となります。
"

競合他社を調査する競合調査の基準はどのようなものか

競合他社を調査する競合調査の基準はどのようなものか
競合他社といっても、何をもって競合している企業だと判断するのかの基準は簡単ではありません。
同じ商品やサービスを扱っているところはそれにあたるかといえば単純ではなく、市場を共有していなければ同じ商品やサービスを扱っていたとしても競合他社とは言えません。
競合調査をするにあたってはそのことを認識したうえで、同じ市場を共有していて、ライバルとなりうる存在を調べていく必要があります。
競合調査ではさらにターゲットを明らかにしたうえで、自社の強みと弱みを明らかにしたうえで、こうすれば良くなるという仮説を考えていくことになります。
競合調査はライバル企業の情報を分析することが目的ではなく、あくまで次にどのような戦略をとるのかを考えるための調査です。
そして、優位性のある部分は活かしていき、他社の方が優位である場合はそれを改善していきます。
この時、競合相手をきちんと選択しないと分析の意味がないので、しっかりと選定するようにしなければなりません。