重要な仮説立て

重要な仮説立て

重要な仮説立て 競合調査は、その名の通り自社の事業内容と競合するビジネスを展開している企業やその取扱商品・サービス内容などを調査・分析する市場調査の手法です。
簡単に言えば、ライバルの動向調査ということになります。
調査の手順はまず調査の目的を設定し、対象企業をリストアップしたら後は実査並びに結果の集計・分析というプロセスをたどります。
その際、具体的にどのような目的で何を調査するかは各社の実情に応じて異なりますが、重要なのはまず自社の現状に対して仮説を立てることです。
つまり、たとえば自社製品の市場シェアが20%だとして、これを25%に引き上げるには価格をこれだけ下げればいいのではないか、あるいはこのような機能を付与すればいいのではないか、といったことを考え、それに沿った調査を行うということです。
そうすれば、どのような価格帯の製品を売っている企業を調査対象にすれば良いか、対象製品の調査項目をどのように設定すれば良いか、などを絞り込むことができ、効果的な競合調査を実施することが可能になります。

競合調査を行えばこれまで見えなかった仮説を立てられる

競合調査を行えばこれまで見えなかった仮説を立てられる 競合調査は、同じ市場に存在している同業他社の戦略を分析するうえで不可欠なものです。
そもそも、同じ市場で争う場合にはターゲット層なども被ってしまっているケースがあります。
商品やサービスの質が上であったとしても、宣伝力やブランド力によって他社に負けてしまうことも少なくありません。
マーケティングのスキルはそのまま営業実績に繋がってしまいますので、こういった観点からも競合調査はとても大切な作業になります。
競合調査の良い点は、目的を明確にすることで、その調査結果を将来的に役立てることができるようになる点です。
優位に進めるための仮説を生み出すことができますので、ビジネスモデルの改善を進められる利点が生まれます。
実際に、競合調査が終わったら自社のメリットやデメリットを精査することによって、どういった戦略を立てれば他社と差別化ができるのかという仮説を立てていきます。
それを前提に具体的なシミュレーションもできますので、成果は大きいです。