競合調査サービスとはどんなことを言う?

競合調査サービスとはどんなことを言う?

競合調査サービスとはどんなことを言う? 競合調査とは自社のライバル企業つまり自社と競合する会社の商品やサービスを比べて、いろいろな事項の分析を行うことです。
比較する事項は売上や利益、集客数、マーケットシェア、店舗情報など多方面にわたっています。
業界で生き残ってビジネスを続けていくにはライバル企業の情報を把握して、自社のオリジナリティやメリットを前面的に押し出し、顧客にそれらを広めていく必要があります。
そこで競合調査をすることは非常に大事になってきます。
競合調査を自分たちで実施するとなると困難なことも多いので、その方面のプロに仕事を依頼します。
プロとは競合調査会社で、このような会社は調査から分析まで行いますが、そうすると日数と費用がかかり、依頼した会社にとってはコスト高になります。
しかし、同業界で似たようなサービスや商品を他企業も提供していると、自社の売上を伸ばすのは難しいと言えます。
やはりライバル企業の十分な調査をしてから、市場で商品を販売した方が結果的には得策と言えます。

商品販売に欠かせない競合調査の概要とメリット・デメリット

商品販売に欠かせない競合調査の概要とメリット・デメリット 自社の商品を効率的に売るためには、他社に対する競合調査が不可欠となります。
この競合調査とは、同じ顧客層や市場をターゲットにもつライバル企業を様々な観点で比較し、自社との差別化を図るための調査です。
一般的に、「目的を明らかにする調査企画」「対象企業の決定」「戦略の仮説立て」「調査と分析」といった流れで行われます。
このとき対象企業は、最低でも3社以上であることが前提となります。
これは、1社だけではデータが偏ってしまうからです。
そして競合調査には、競合企業と自社における長所と短所を比較できるだけでなく、新しい競合企業やライバルになるかもしれない企業を発見できるというメリットがあります。
もちろん調査に基づいた早めの対処や、他社との効率的な差別化も実現できます。
しかし同時に、手間や費用がかかるというデメリットもあります。
こうしたメリット・デメリットをしっかりと踏まえた上で調査することが、業績拡大や顧客獲得の第一歩であるといえます。