競合調査について詳しくご紹介!

最初に把握しておきたい競合調査の流れ

最初に把握しておきたい競合調査の流れ 競合調査を行う場合には、目的を明らかにしてどういった方向性で結果を出すのかという流れを考えなくてはいけません。
ですから、まずは調査企画の段階で目的を明らかにすることから始めます。
そこから、調査対象を設定して競合他社がどういったところなのかを検討します。
競合他社に関して3社以上を定めるのが基本であるため、この選定も間違えないようにすることが大切になります。
そして、最も重要な仮説立てです。
自社にとってのメリットとデメリット、あるいは強みや弱みを基準に戦略的な仮説を立てていくことになります。
この仮説立てを行っておかないと、調査の方向性に狂いが生じるので注意が必要です。
さらに、仮説を立てたらそれに基づいて調査を行い、分析を実施していきます。
競合調査が上手くいくと、自然の同業他社との差別化を図ることができるようになります。
自社の強みがあるところで戦略を立てられるようになりますので、客観的な問題点もわかって将来的にも役立ちます。

競合調査の調査目的とは?自社の立ち位置を知って戦略に生かそう

競合調査の調査目的とは?自社の立ち位置を知って戦略に生かそう 企業が顧客の囲い込みを行うためには、常に自社や他社の強みや評価などを客観的に分析し、対策を立てる必要があります。
なぜなら他の企業と同じようなサービスや製品を販売していては、顧客が他社へ流れて行ってしまう可能性があるからです。
つまり競合調査の調査目的とは、競合している企業の戦略や特徴などのデータを集めることで、他社との差別化を図ることです。
もちろん短期間ではできないことですので、日々競合調査を行うことが必要です。
競合調査を行うときには調査対象を1社だけに絞るのではなく、最低でも数社を対象として行うようにしましょう。
顧客が何を必要としているのか、他社がどのような戦略でサービスを提供しているのかなど、比較する項目を洗い出し、データを集めるようにします。
調査対象と自社をさまざまな角度から調査することで、自社の立ち位置や弱点、強みなどを知ることができ戦略に生かすことが可能です。
収集した調査結果から課題を浮き彫りにし、課題を克服することで顧客の流出を防ぐことができます。